FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池に将来性はある?設置が常識になる未来がくる!?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/04/23

蓄電池は1回だけではなく、充電すると何度も使用することができる電池で、蓄電池を使うと太陽発電で得られた電気を使うことができます。また、災害時などにも活用することできます。そんな蓄電池の大阪における将来性はどうなのでしょうか。

蓄電池とはどのようなアイテムなの?

蓄電池は何度も繰り返して使うことができる便利な電池のことで、二次電池と言われる電池のカテゴリーになります。通常の単三電池などは1回だけしか使えませんが、蓄電池は充電すると繰り返して使うことができますのでとても便利です。

このような蓄電池は一昔前までは、特別な施設で用いられる特別な設備というイメージでした。ところが太陽光発電が普及していき、このタイプの電池の存在がより身近になっており、一般家庭に設置されていることも珍しくなくなっています。

このような電池に電気を蓄えると、電力を使用せずとも自家発電の電力で毎日必要になる電気を発電することができます。そのことで、電気代が安くなったり、自家発電した電気を電力会社に買い取りしてもらうことが可能で、電気を売ることができるようになっているのです。節電意識も高まりますし、メリットが多くあります。

さらに、災害時停電になってしまった際に電気を確保することもできるため、災害対策という点でも利点があります。このようなメリットがたくさんある蓄電池は、今後ますます注目されていくでしょう。

自家発電できるため災害時は安心で普段もお得になる

蓄電池には節電や売電、災害時の対策など、普段の生活から災害時まで幅広く活用できるといったメリットもあり、一般家庭に設置する人も多くいます。そのため、今後もさらに普及していくことが期待される、将来性が高く期待できる省エネ・災害対策用アイテムということができます。

では、具体的にこのアイテムにはどのようなメリットがあるのかをご紹介してみたいと思います。まず、一つ目のメリットとして挙げられるのが停電時に電気が使用できるという点で、停電の際にも自宅で太陽光発電によって得られた電気をこのアイテムに貯めておくことができるので必要なときに使用することができます。

停電してしまうと家庭にある電化製品は使用できなくなり、冷蔵庫などが使用できなくなると、冷凍庫質の氷が解けたり、中に保存している食品が傷んでしまったりします。また、炊飯器も使用できず、オール電化の家庭であれば食事を作ることができませんし、お湯を沸かすこともできないためお風呂にも入れないということになってしまいます。

毎日当たり前のようにおこなっていることで、電気が使用できないとなると困ることはたいへん多く、かなり困った状態になってしまいます。太陽光発電の電気を自家消費できるといったメリットは、そうした災害時などに特に威力を発揮すると言えます。

また、普段の生活で太陽光発電で作った電気を消費することができ、電気代を節約することができると言ったメリットもあります。余った電気を電力会社に買い取りしてもらえると言った制度も用意されていますので、電気を自家発電することには大きなメリットがあります。

蓄電池は今後も普及していくと考えられる

発電した電気を貯めることができるアイテムを設置すると、災害時や普段の生活のときにメリットがもたらされ、安心やお得と言った点で注目度が高いのです。さらに、このアイテムを導入すると、電力会社との電気の契約で深夜料金が安いプランに変更になるというメリットもあり、太陽光発電で蓄電した電気を夜に使うだけでなくて、安い深夜電力をさらに貯めることで太陽がまだ出ていない朝などの時間帯の電気がよりお得になるということなのです。

このようにメリットがたくさんある蓄電池の導入ですが、デメリットもあり、導入するには費用が掛かるという点などが挙げられます。また、台風などで設備が壊れてしまったりすると修理をおこなう必要があり、そうした修理に費用が掛かると言ったデメリットもあります。

しかし、環境にも優しく、災害時などで自家発電できると言ったメリットは安心への備えという点でも注目度が高いでしょう。そのため、一般家庭などにも今後こうした設備を導入するところは増えていくと考えられますし、その将来性には大きな期待が持てます

 

蓄電池はこれまで特別な施設などに設置されているアイテムと言ったイメージがありましたが、そのイメージがだんだん変わってきています。太陽光発電の普及などの影響で、現在は一般家庭に設置しているところもたくさんあり、より生活に身近になりました。

このアイテムは災害時などに停電が起こった際も、備蓄しておいた電気を使用することが可能になるため、災害対策になりますし、普段の生活も節電に繋がってよりお得になります。このようなメリットがありますが、導入するのに費用が必要であったり、使用していて調子が悪くなったら修理が必要で費用が掛かると言ったデメリットもあります。しかし、今後の普及も期待できる将来性のあるアイテムであると考えられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧