FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池の普及率はどのくらい?現状や今後の動向について解説!

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/11/02

蓄電池

進化し続ける今日の世界において、家庭用蓄電池は私たちの生活の重要な部分です。家庭用蓄電池は、長年にわたり人気が著しく高まっており、導入する家庭は増えています。この記事では、蓄電池の普及率の現状を掘り下げ、その成長に寄与する要因を探り、この有望な技術の将来について紹介します。

蓄電池の普及率はどのくらい?

家庭用蓄電池の普及率は年々上昇し続けています。この増加傾向は、日本電機工業会のデータによって裏付けられており、エネルギー貯蔵システムの出荷数が増加していることがわかります。家庭用蓄電器の出荷台数の推移は以下のとおりです。

2011年:約2,000台

2012年:約1万1,000台

2013年:約1万7,000台

2014年:約2万4,000台

2015年:約3万8,000台

2016年:約3万5,000台

2017年:約5万台

(出典::一般社団法人日本電気工業会:(PDF)JEMA 蓄電システムビジョン)

なお、2016年は2015年の「固定LIB補助金」終了の影響で出荷台数が一時的に落ち込んだものの、2017年には潮目が変わり、出荷台数が大幅に増加しました。さらに、2019年に家庭用蓄電器購入補助制度が復活したこともあり、普及率は引き続き上昇しています。

このようなデータからもわかるように、家庭用蓄電池はますます多くの人々に受け入れられており、その需要は着実に増加しています。とくに、再生可能エネルギーへの関心が高まり、電力の貯蔵と効率的な利用が求められていることが、家庭用蓄電池の普及に大きく寄与しています。

今後もさらなる普及が期待されるなか、家庭用蓄電池の技術と価格が向上し、より多くの家庭に持続可能なエネルギーソリューションとして提供されることで、エネルギーの未来が明るくなることでしょう。

蓄電池の普及率は今後どうなるのか

蓄電池の将来はかつてないほど明るく見えており、この楽観的な見通しの背後には 33つの確固とした理由があります。

家庭用蓄電池設置補助金

家庭用蓄電池の人気が高まっている重要な要因のひとつは、補助金の有無です。日本電機工業会のデータは、蓄電池の購入率に対する補助金の大きな影響を浮き彫りにしています。2021年には各自治体が家庭用蓄電池設置に対する補助金を出しており、なかには15万円を超える自治体もあります。

東京都では、住宅購入者は商品価格の半額、最大42万円の補助金が受けられる場合もあるのです。これらのインセンティブがあれば、設置コストを大幅に削減でき、補助金が続く限り家庭用蓄電池の普及率は上昇し続けることが保証されます。

電気自動車の普及率の向上

電気自動車(EV)の普及が進んでいることも、家庭用蓄電池の増加を促すもうひとつの要因です。将来のガソリン車禁止の発表により、EVに対する大きな関心が高まっています。また、自動車メーカー各社は電気自動車の製品拡充を続けており、経済産業省や環境省もEV普及促進に向けた補助金制度を積極的に整備しています。

家庭用蓄電池との関係性は、電気自動車の充電にも使用できることです。この兼用機能が消費者の興味をそそり、本格的な家庭用蓄電池の設置を検討するきっかけとなっています。結果的に家庭でのEVの充電手段として家庭用蓄電池の需要は大幅に増加し、普及率は今後も継続的に伸びると予想されます。

防災対策への関心の高まり

蓄電池の成長を促進する要因で最後に紹介するのは、防災対策への関心の高まりです。近年、2011年の東日本大震災をはじめ大規模災害が急増しており、防災の重要性がますます高まっています。

家庭用蓄電池は、災害による停電時に蓄えた電気を活用できる安心の防災対策です。防災意識が高くなり、家庭用蓄電池の需要は増加し続けるため、普及率は着実に上昇すると予想されます。

普及率をさらに伸ばすためには

蓄電池の普及は順調に進んでいるものの、さらなる成長に向けて課題が存在します。主要な課題のひとつが、家庭用蓄電池が高価という認識です。実際、これらのデバイスの価格は高額で、平均的なコストは90万円から160万円におよびます。コストを削減し、より多くの世帯に蓄電池を手軽に利用してもらうために、メーカーは努力を続ける必要があります。近年、蓄電池の価格は少しずつ下がっているものの、さらなる普及の促進には、コスト削減の取り組みを継続することが不可欠です。価格が手頃になれば、より多くの家庭が蓄電池を導入し、エネルギーを効率的に利用できます。

また、環境にも配慮した選択は、持続可能なエネルギーの普及に寄与します。普及を促進するためには、蓄電池の利点を一般の人々に広める啓発活動も重要です。蓄電池が電力の安定供給や災害時の備えとしての有用性を伝えることが、その普及を後押しするでしょう。このような取り組みが進むことで、家庭用蓄電池の普及率は今後もさらに高まることが期待されます。技術の進歩とコスト削減の努力が、持続可能なエネルギーの未来に向けた一歩を支えています。

まとめ

結論として、家庭用蓄電池の普及率は災害への備え、補助金、電気自動車の普及などの要因により、2011年以降着実に上昇しています。将来はさらに有望であり、継続的な成長が期待されています。蓄電池が一般家庭に導入されやすいよう、価格を抑えるためのコスト削減や災害時の有用性の周知が、これからのメーカーの課題です。

 

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者!

イメージ
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
蓄電池コラム