FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池の本体価格の目安|今後の価格推移はどうなる?

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/11/16


近年日本では家庭用蓄電池の需要が高くなってきています。それにはさまざまな原因がありますが、昨年2019年に電気買取制度が満了したこともその原因の一つとなっています。売電で利益を得ることができないのであれば、自宅で電気を利用しようという考えです。そこで気になるのが家庭用蓄電池の価格です。今後の価格の動向はどうなるのでしょうか。

家庭用蓄電池の価格は今後下落するのでしょうか

大阪で家庭用蓄電池の価格は今後下落していくのでしょうか。いえ、その可能性は極めて少ないでしょう。それはリチウムイオン電池の需要が今後も増大していくからです。そのため待っていても値下がりしにくいでしょう。むしろ今後の需要の増加にともなって、電池の価格は値上がりしていく傾向が見られます。

大阪で蓄電池を購入する場合でも、同じようなことがいえます。今が電池の底値であるということも考えられるのです。そうであれば多少お金はかかりますが、今のうちに家庭用蓄電池を設置すべきでしょう。東京大震災に代表されるような万が一の災害で大規模停電が発生した場合に備えて、近年日本でも蓄電池に対する注目が急激に高まっています。

リチウムイオン電池が基本ですのでその値段はびっくりするほど高いという現実です。スマートフォンなどに使われているリチウムイオン電池でも高額な価格設定がされています。家庭用の大型の蓄電池では、それはなおさらのことです。値段が高いので、大型のリチウムイオン電池は一般家庭で簡単に設置できるわけではありません。

工事費もかかりますし、システムを導入するために大変なお金がかかります。そこで考えられるのは、電池の値下がりを待つという手段です。これには実績があります。ソーラーパネルを見てください。発売当初あれだけ高額な価格が設定されていましたが、現在では半額以下に値下がりしています。それと同じようなことが家庭用充電器でも考えられるのではないでしょうか。

家庭用蓄電池の購入は値下がりを待つのが得策なのでしょうか

皆様がすでにご承知のように、昨年の2019年にFIT電気買取制度が満了しています。1kwあたり40円もの高額で買い取ってもらえていましたが、それができなくなりました。家庭で作られる電力は充分消費しても余りが出てきます。電力は蓄電池に蓄えられなければすぐに消失してしまいます。

問題は蓄電池の値段が高いということです。大阪でも工事費込みで100万円以上も費用がかかりますので、電池が値下がりしてから購入しようとする人もいます。一体近い将来に電池が劇的に値下がりする可能性はあるのでしょうか。結論から先に申し上げますと、その可能性はほとんどありません。リチウムイオン電池の原材料が近い将来下落する可能性はほとんどないということです。

それどころか今後リチウムイオン電池の需要はますます増えてくるものと予想されています。ですから電池の値下がりを待っていても、現実にそれが値下がりしてくることはありません。むしろ今後の需要の予想からすれば、値上がりすることも考えられます。そうであれば結論は見えています。

今すぐに電池の購入を決断して、家庭に備え付けておけば安心です。今が底値であるということも考えられますが、これは大阪でもまったく同じことです。大阪ではすでにたくさんのご家庭が太陽光発電を導入していますので、今までは売電で収益を得ることができていましたが、それができなくなりました。

余った電力を蓄える家庭用蓄電池は今が底値です

多くの太陽光発電システム会社の予想では、近い将来家庭用の蓄電池が値下がりする可能性は極めて少ないといわれています。それには理由があります。リチウムイオン電池の原材料の需要が今後もますます増大していくからです。リチウムイオン電池は、電気自動車でも盛んに使われていますし、世界中で利用されているスマートフォンにも使われています。

このような状況を冷静に判断すると、近い将来、家庭用の電池が大幅に値下がりする可能性はほとんどありません。これは太陽光発電ビジネスだけの問題ではありません。多くの異なる業種がリチウムイオン電池を求めています。これからその需要はますます加速するものと見られています。

ですからリチウムイオン電池の原料が値下がりする可能性はほとんどないのです。昨年までは余った電力は電力会社で買い取ってもらえていましたが、それができなくなった今、できることは余剰電力を電池に蓄えておくことです。たとえば昼間発生する余剰電力を電池に蓄えておいて、夕方、家族のお風呂を沸かすときに使うことができます。

それだけでも大きな家計の節約につながります。大阪でも結論はすでに見えています。昼間発生する余剰電力は家庭で消費することが理想的な形です。それで大きく家計を支えることができます。大阪で家庭用蓄電池を購入するには今がチャンスです。今が底値だからです。

 

大阪で家庭用蓄電池の導入を計画されている人が気にしていることは、今後の電池の価格動向でしょう。一番使われているものがリチウムイオン電池ですから、その原材料は奪い合いの状況です。今後電池が値下がりしてくる可能性は極めて少ないのです。

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者ランキング!

イメージ1
2
3
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク詳しく見てみる詳しく見てみる詳しく見てみる

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧