FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池の設置場所はどこがベスト?おすすめの設置場所と置き方を解説!

公開日:2024/02/15  最終更新日:2023/11/02

蓄電池蓄電池の設置場所は、太陽光発電や風力発電と組み合わせて自宅のエネルギーコストを削減するための重要なステップです。正しい場所への蓄電池の設置は、効率的なエネルギーの収集と安定供給を確保するために不可欠です。この記事では、蓄電池のおすすめの設置場所、場所による蓄電池の設置方法について詳しく解説します。

蓄電池のおすすめの設置場所

蓄電池の設置場所について紹介します。蓄電池を設置する際には以下のポイントが重要です。

直射日光を避けること

蓄電池は長時間の直射日光を受けると高温になり、熱暴走のリスクがあるため、直射日光を避けましょう。蓄電池の性能を保つために、建物や樹木によって遮られない開けた場所が適しています。

室内または室外の設置場所

蓄電池は屋内または屋外に設置できますが、設置場所によって注意すべき点が異なります。屋外に設置する場合は、直射日光を避けることが原則です。一方、屋内に設置する場合は、蓄電池の温度と湿度を管理することが重要です。

湿気を避ける

蓄電池を設置する場所は、湿度が高く湿気のこもりやすい場所を避けるべきです。湿気が蓄電池の性能に悪影響を与える可能性があるため、乾燥している場所を選ぶことが重要です。

耐荷重と塩害地域の考慮

設置場所は蓄電池の重量をサポートできる耐荷重な場所が適しています。とくに、塩害地域や積雪地域での設置には注意が必要です。地域の気象条件を考慮して、適切な基盤を用意しましょう。

温度に注意

極端な高温または低温にならない場所を選びましょう。蓄電池は温度に敏感なため、適切な温度範囲内での運用が性能の維持につながります。

配線の近くに設置

配線を考慮して、蓄電池は分電盤や使用したい機器に近い場所への設置が重要です。これにより、電力供給との連携がスムーズに行えます。

場所による蓄電池の設置方法

家庭用蓄電池の設置場所は、大きく分けて屋内と屋外の2つのオプションが考えられます。それぞれにメリットとデメリットがあり、適切な選択が重要です。以下では、屋内設置と屋外設置の特徴を詳しく説明します。

屋外設置のメリット・デメリット

屋外に蓄電池を設置する場合、いくつかの利点があります。まず、蓄電池は一般的に屋外に設置されることが多いため、室内のスペースを占拠しないことです。また、蓄電池の運転音が室内に影響を与える心配がありません。これにより、家庭内の生活に対する干渉が最小限に抑えられます。

しかし、屋外設置にはいくつかのデメリットも存在します。天候の影響を受けやすいため、蓄電池を設置できる場所が制限されます。また、蓄電池のサイズによっては、搬入経路確保の必要性も考慮しなければなりません。そのため、設置場所の選定には注意が必要です。

屋内設置のメリット・デメリット

屋内に蓄電池を設置する場合、天候の影響を受けずに運用できるため、安定性が高まります。雨や風などの気象条件に左右されず、蓄電池を保護できるからです。また、湿度や温度をコントロールしやすいため、蓄電池の性能を最適な状態で維持できます。

ただし、屋内設置にはいくつかのデメリットも存在します。まず、室内のスペースを占拠することになり、生活空間に圧迫感を与える可能性です。また、蓄電池の運転音が気になる場合、寝室などの静かな場所への設置は避けるべきです。最終的に、蓄電池の設置場所を選ぶ際には、自宅の環境や個人のニーズを考慮し、メリットとデメリットの比較検討が重要です。

安全性と性能を最大限に引き出すために、慎重に選択しましょう。

場所による蓄電池の設置条件

蓄電池の設置条件は、地域によって異なります。以下は一般的な設置条件の一例です。

屋内設置の条件

屋内に蓄電池を設置する場合は、以下の条件を考慮する必要があります。

・耐荷重条件

屋内に設置する場合、蓄電池の重量に耐えられる床や基盤が必要です。設置場所の床が蓄電池の重さに対して適切な耐荷重を持っていることを確認しましょう。

・換気と温度管理

屋内の蓄電池設置場所は、適切な換気を確保し、温度管理が可能な場所であるべきです。高温多湿な場所や直射日光の当たる場所は避けましょう。

・騒音

蓄電池は運転中に音を発生することがあります。寝室の近くなど、騒音が気になる場所には設置しないよう注意が必要です。

屋外設置の条件

屋外に蓄電池を設置する際は、以下の条件を確認しましょう。

・塩害地域

もし住んでいる地域が海岸に近い場合、空気中の塩分が多いことがあります。その場合、塩害に対応した蓄電池を選ぶか、適切な保護措置を講じる必要があります。

・直射日光

蓄電池は高温に弱いため、直射日光の当たる場所には設置しないことがおすすめです。北側が理想的な設置場所です。

・雨の影響

蓄電池は内部への水の侵入を防ぐように設計されていますが、雨が直接当たる場所に設置しないようにしましょう。

・積雪

積雪地域では、蓄電池が積雪に埋もれないよう、適切な基礎の土台を準備する必要があります。

・極端な気温

蓄電池は極端な高温や低温には弱い機器です。年間の気温が-10度から40度を超える場合は、設置不可とされることがあります。

・その他の条件

蓄電池の周りには高電圧線や燃えやすい物、熱源が近くにないことが必要です。人通りの多い繁華街や貨物の頻繁な通行エリアへの設置は不適切です。

まとめ

蓄電池の設置場所は、効率的なエネルギーの収集と供給を確保するために重要です。設置に際しては、直射日光や湿気を避け、耐荷重条件を満たす場所を選びましょう。屋内設置では温度と湿度の管理が重要であり、屋外設置では塩害地域や直射日光、雨、積雪、極端な気温に注意が必要です。また、蓄電池の周りに高電圧線や危険物がないことも確認しましょう。適切な場所を選ぶことで、エネルギーの収集と供給を最適化し、エネルギーコストを削減できます。最終的には、地域の法規制や電力会社との連絡も確認し、安全かつ効率的な運用を実現しましょう。

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者!

イメージ
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
蓄電池コラム