FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池を導入したらオール電化にするべき?ガス併用とどっちが安いの?

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/05/13


家庭の光熱費の節約を検討する際に、「オール電化」と「ガス併用」のどちらにするべきか、悩む方も多いかと思います。また、蓄電池を導入している家庭は、どちらを選ぶべきなのでしょうか。こちらの記事では、オール電化・ガス併用のメリット・デメリットについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

オール電化にするメリット・デメリット

ガスを使用せずに、電気のエネルギーのみで生活をするオール電化。では、オール電化にはどのようなメリットがあるのでしょうか。こちらの章では、オール電化のメリット・デメリットについてご紹介します。

■オール電化のメリット

・火災のリスクが減る
火を使用せずに料理ができるオール電化は、火災やガス漏れによる事故を防げる点が、最大のメリットと言えます。高齢の方のみで住んでいる家庭や、小さなお子さんがいらっしゃる家庭は、火事のリスクは減らしておきたいですよね。オール電化であれば、火を使用するガスコンロを設置する必要もなく、ガス漏れなどの心配もいりません。

・光熱費が節約できる場合もある
オール電化にするとガスを使用しないので、ガス会社に基本料金を払う必要がありません。そのため、光熱費の削減につながると言われています。光熱費を節約したいと考えている方は、オール電化を検討しても良いかもしれません。

■オール電化のデメリット

・初期費用が高額になることも
ガスを使用しない場合に必要な、IHクッキングヒーターやエコキュートは導入する際に、高額な初期費用がかかります。しかし、導入後は光熱費が削減できることもあるので、よく検討してから導入することをおすすめします。

・調理器具はIH対応のみ
フライパンや鍋などの調理器具は、IH対応の商品しか使用できません。現在使用しているものが、IH非対応であれば、買い替える必要があるでしょう。

・停電時に何もできなくなる
オール電化の場合、停電してしまうと電気が利用できないだけでなく、お湯を沸かしたり料理をしたりすることもできません。停電時のことを考えて、懐中電灯などを準備するなど、日頃から備えておく必要があるでしょう。

ガス併用にするメリット・デメリット

先ほどの章では、オール電化のメリット・デメリットについてご紹介しましたが、続いては、ガス併用にするメリット・デメリットについて確認しておきましょう。

■ガス併用にするメリット

・初期投資が少ない
オール電化では、初期費用が高額になるとお伝えしました。一方で、ガスは設備が整っている場合がほとんどなので、初期費用は少ない点がメリットと言えます。

・停電してもガスは利用できる
オール電化の場合は、電気が止まってしまうとお湯を利用したり、火を使用したりできません。そのため、停電時のことを考えてガス併用にしている方もいらっしゃいます。

■ガス併用にするデメリット

・火災やガス漏れのリスクがある
デメリットとして考えられるのは、ガス漏れや火災のリスクです。調理の際には、直火を使用するので、やけどの心配もあります。

・プロパンガスは光熱費が高くなる
家庭で使用されるガスには、「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類があります。都市ガスとプロパンガスを比較した場合、業者が料金を設定できるプロパンガスの方が高くなってしまう場合がほとんどです。そのため、オール電化に比べると、光熱費が高くなってしまう場合も考えられます。

蓄電池を導入したらどちらがおすすめ?

これまでの章では、「オール電化」と「ガス併用」のメリット・デメリットについてご紹介しました。では、蓄電池を導入する場合、オール電化とガス併用はどちらがおすすめなのでしょうか。

■オール電化がおすすめの理由

・光熱費の節約
例えば、「昼間は家族が在宅していないので、日中は電力をあまり消費しない」という場合は、オール電化がおすすめです。日中に太陽光発電でつくった電力を蓄電池に貯めれば、貯めた電力をそのまま夜に使用できます。太陽光発電でつくった電力で賄えない場合は、電力会社から電力を購入しますが、深夜は電気料金プランが安いので、光熱費の節約につながるでしょう。

・停電時にも電気が使用できる
オール電化の場合、停電してしまうと電気もお湯も利用ができなくなってしまいます。しかし、蓄電池の設備があれば、万が一停電が起こってしまっても、電気が利用できるので安心です。蓄電池の容量にもよりますが、1日~5日は蓄電池にためておいた電力で生活ができるでしょう。

 

オール電化とガス併用には、それぞれメリット・デメリットがあります。そのため、双方の特徴をよく理解して検討することが大切です。

また、蓄電池を導入する場合は、「光熱費の削減」「停電時でも電気が使用できる」などの理由から、オール電化がおすすめです。オール電化を検討している方は、同時に蓄電池の導入を検討してもよいでしょう。

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者ランキング!

イメージ1
2
3
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧