FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池と太陽光発電を同時に導入するメリット

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/16


省エネ生活を送る方が増えている昨今では、電気料金の引き下げを目指して節電を実施している方は大勢います。電気においては新電力会社を自由に選択できますが、それだけでは不充分と感じる方も少なくありません。この場合は太陽光発電と蓄電池を備えることで、今まで支払ってきた電気料金をカットできるなど、メリットは多数あります。

太陽光発電が人気になった時代と現在の状況

家庭内で太陽光発電を備えとしている大阪の住宅は多数ありますが、初期の時代には屋根にソーラーパネルを設置し、発電した電力は家庭内で消費できるように変換した電力を使うというシンプルな仕組みに限定されてきました。これだけでも充分な節電とエコ生活を送ることができ、ソーラーパネルの場合では二酸化炭素を発生させずに電気を作り出すシステムなので、地球環境にも優しいシステムとしても人気を博していたのです。

当初は余剰電力に対しては、電力会社による買取制度というものがあり、売電できることにもメリットを感じることがありました。しかし、現在では売電については条件があり、以前よりも単価が低くなっていることが特徴です。太陽光発電のシステムは、太陽光が当たることで発電を行える機器なので、夜間には発電を行うことはできません。

そのため、大阪の利用者も夜間に使う電力を安くできるプランに変更することで、日中には大幅に電力会社へ支払う料金を節約できることが最大のメリットとして考えられてきた背景があります。現在では状況が変わっており、売電においては初期の時代よりも安い単価に制限されており、新規にシステムを搭載する住宅では、売電を希望しても充分な収入にすることはできない状態です。

大手電力会社以外の新電力会社でも、一部の会社では売電を可能としているので、余剰電力が多いという家庭では多少の利益を確保することは不可能ではありません。しかし、現状としては売電に期待することは避けた方が賢明でしょう。

新しく開発が進んでいる蓄電池の導入とメリット

以前は、大阪エリアの住宅でも屋根にソーラーパネルを設置して、自家発電を可能にすることは注目されてきました。戸建て住宅で新しく家を建てる方は、最初からソーラーパネルを設置を行うことは珍しいことではありません。これからの住宅はエコ住宅を目指すことにより、余計な光熱費をカットできる他に、大気汚染の問題をクリアできるメリットを前提にしていることが目立ちます。

以前はソーラーパネルとコンバーターの設置が基本とされてきましたが、現在では蓄電池とセットで設備にすることが注目されるようになりました。高性能な蓄電池の開発により、ソーラーパネルで発電できた電気は蓄電池にためておけるので、日中はソーラーパネルから発電された電力を消費し、夜間に入ると蓄電池から電気を使うという方法で、1日中エコ生活を送れるメリットがあります。

雨の日や曇りの日が続いてしまうと発電量は少なくなりますが、蓄電池の登場により溜めておけるようになることから、太陽光発電がブームになった当初よりは電力会社の電気を消費する時間を引き下げることができます。無駄な電力を一切作らずに生活を送れるシステムなので、新築注文住宅を建てる方はもちろんのこと、リフォームとして新しく導入したい方は、ソーラーパネルだけではなく蓄電池もセットで設備にすることは多くのメリットを感じられる方法です。

災害時にも効果を発揮できる住宅の設備機器の充実化

大阪の住宅でも増加傾向にある太陽光発電は、蓄電池の登場により以前よりも節電、節約ができるようになりました。家族数や住宅内に備わっている電気製品により違いはありますが、ソーラーパネルと蓄電池をセットとして設備にする場合、いわゆるオール電化住宅に切り替えをすることがおすすめです。

オール電化の場合はガスや石油を使わない方法なので、住宅で必要とするエネルギー関連はすべて電力に一本化できます。熱効率に優れた給湯器や暖房システムなども使え、消費電力はソーラーパネルで賄えるので魅力は充分でしょう。

一方、国内では自然災害が多発しており、災害によって停電を引き起こす可能性は高いものがあります。通常の住宅では冷蔵庫が使えない問題、給湯器が使えない問題、照明器具もトイレの機能も使えない状態に陥ってしまいますが、太陽光発電のシステムと同時に蓄電池を備えている住宅では、日中に自家発電を行え、蓄電池に電力を溜めておけるので、災害時の停電による被害をなくすことができるでしょう。

災害が発生しても日光の照射は関係ないものなので、万が一災害が発生したとしても、ソーラーパネルのシステム自体に影響を及ぼすことなく、普段通りの生活を送ることが可能です。電気自動車が普及をしていますが、自動車用の電源として使えることもメリットといえるでしょう。

 

大阪エリアに住んでいる方は、太陽光発電は蓄電池とセットで導入することがおすすめです。電気料金を削減できるので光熱費の負担が減ることや、オール電化にすることで基本料金までもカットできます。さらに、自然災害で停電になったとしても、蓄電池を搭載していることで夜間でも電気を使えるメリットも感じられるでしょう。

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者ランキング!

イメージ1
2
3
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク詳しく見てみる詳しく見てみる詳しく見てみる

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧