FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

家庭用蓄電池の使い道とは?非常用バッテリーとしても便利

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/16


家庭用蓄電池は人気があり、いろいろな使い道があります。災害時などの非常時に使う前提で製作されているので、非常用バッテリーとして利用することが可能です。リーズナブルな価格のものが多く、軽量な移動式やコンパクトサイズも登場しています。複数台接続すると容量を拡大することが可能です。移動式などの登場によって使い道も幅広くなっています。

災害時に活躍する蓄電池

家庭用蓄電池にはいろいろなメリットがありますが、中でも災害時に電気が使えることがあげられます。大規模な地震といった災害時や広域にわたり停電が発生した場合、家庭用蓄電池があると緊急時に充電しておいた電力を活用することが可能です。家庭用蓄電池が話題になったきっかけは東日本大震災で、2012年以降蓄電池の導入について補助金が交付されるようになりました。

災害の不安も相まって非常用電源として活用する家庭が増加しています。大阪でも大きな地震が発生しているので、日本中どこにいてもいつ大きな地震が起きてもおかしくないでしょう。地震大国の日本では地震など災害時への備えとして、自宅に導入するところが増えています。

いろいろな使い道がありますが、自動車にも利用することが可能です。電気自動車やプラグインハイブリッド車など次世代自動車に利用でき、動力源としてニッケル水素やリチウムイオン電池などの蓄電池が利用されています。

車載用電池のマーケット規模は家庭用や住宅用蓄電池のマーケットより大きく、エコカー減税といった優遇税制もありマーケット規模は2,000億円程度にあります。技術開発が今後も進むにつれて、さらに規模は拡大することが予想されるでしょう。大阪には家庭用蓄電池を扱っている業者が多く、自分のライフスタイルに応じて最適なタイプを選択することが可能です。

蓄電池をバックアップとして活用して電力を効率的に使用

家庭用蓄電池は電気料金の削減が期待できるだけでなく、効率的なエネルギー対策に活用することが可能です。蓄電システム導入によって、電気料金を削減できます。料金単価が安い夜において充電しておき、電力使用の多い昼間に放電することによって料金単価の高い昼の電気購入量をかなり抑えることが可能です。

電気料金の削減と一緒にピークシフトにも取り組むことができ、社会システムへ貢献できるでしょう。太陽光発電システムやHEMS/BEMS、コージェネレーションシステムなどとシステムを組み合わせることによって、これら設備などにより得られるメリットをさらに大きくすることが可能です。

非常用電源やバックアップに利用することもできるため、近年大阪などを含む日本各地において地震や台風など災害が多発していることから、防災対策に関して検討が行われています。災害に強い家造りや事業計画の策定などの観点から、蓄電システムの導入は意義のあるものとして普及しています。

とくに災害発生時になると何より情報の確保や発信などが重要になるので、テレビやパソコンなどの電子機器の充電器に使用できることは大きなメリットでしょう。家の中にあるコンセントのような感覚で最低限必要な電力を確保できます。企業では社内サーバーやコンピュータなど起動している状態が求められる機器のバックアップとして、既に多く用いられています。

蓄電池で貯めた電気は販売できる

家庭用蓄電池は、再生可能エネルギー設備に対する出力安定化対策として活用することが可能です。太陽光発電などの再生可能エネルギー設備について、環境に優しく安全・安心な発電方法であることから、エネルギーとして導入拡大が期待されています。太陽光発電の場合、出力が天候や時間帯によって左右されるので、本格的な電源として利用するためには蓄電システムなどを用いた出力安定化が必要です。

家庭用蓄電池を設置していると便利で、必要な時に必要な電力を利用できます。家庭用蓄電池は家庭で作られた電気を貯めるために使われていますが、多くは太陽光発電でできた電気を貯めることが目的です。基本的に発電した電気は自宅で使われることが多いですが、電気の自由化がスタートしたため個人が発電した電気を販売できるようになりました。

家庭で発電した電気を販売する人が増えていますが、蓄電池を購入して昼間に貯めた電気を夜に利用する使い方が一般的です。非常用電源として購入する人も多く、防災に対する意識が高まっていることから注目が集まっています。

蓄電池の大きさは蓄電容量によって異なり、大容量のものほどサイズが大きくなります。家庭用を設置する前に置くスペースの広さやサイズを確認しなければいけません。置くスペースには限りがありますが、大阪の業者に相談すると自宅に合ったサイズを選んでくれます。

 

蓄電池にはいろいろなメリットがあるだけでなく、使い道も多様です。災害時の非常用電源に使用するほか、電気自動車にも活用できます。地方自治体の補助金などを利用できるため、一般家庭にも徐々に普及してきました。貯めた電気を販売できるので、コストを抑えることも期待できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧