FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

電気代を節約する方法とは?蓄電池を活用すれば節約できるって本当?

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/11/02


毎日家計簿をつけていると際限のない出費にため息が出てきます。家計を圧迫するものには住宅ローンや教育資金、食費や保険料、水道光熱費と数え上げればキリがありません。家計の見直しを図るためにも、毎月どのような出費があるのかをキチンと把握しておくことは重要です。今回は電気料金が高くなる原因、節約方法、蓄電池について解説します。

電気代が高くなる理由

電気代は年々上がっていますが、なぜ高くなるのでしょうか?理由として挙げられるのが石炭や原油、液化天然ガス(LNG)の燃料高騰があります。電気代の内訳は基本料金、電力量料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金で成り立っています。

4つの料金の違いについて簡単に解説しますと、基本料金とは契約容量による固定料金となり、電気の使用量に限らず一律にかかるものになります。電力料金とは電力を使用した分だけ加算される従量式です。計算方法は電力料金=(電力量料金単価±燃料費調整単価)×1か月の電気使用量で算出できます。電気を作るためには燃料が必要不可欠であり、主な燃料は石炭、原油、液化天然ガス(LNG)です。それらの燃料は為替変動や市場の相場により価格が日々変動しています。燃料変動などの影響により電気料金を調整する役割となるのが燃料調整額となります。

再生可能エネルギー賦課金とは太陽光、風力発電、水力発電、地熱発電などの再生可能エネルギーを推進させる目的で平成24年7月に導入されました。内容としては電力会社等に再生可能エネルギーの買取を義務付け、一定の期間・価格で買い取るものになります。電力会社が買い取った再生可能エネルギーの一部が消費者の負担として各家庭に加算されています。電気代が高くなる原因には、電気料金の内訳に当たる4つの料金形態が深く関わってくるのです。

また燃料高騰の外部要因も電気代が高くなる要因の1つとなりますが、電化製品の長時間の使用や年数も関係します。たとえば「1日中エアコンを使用している」「使わない部屋の電気がずっと点いている」「10年以上前の冷蔵庫を使用している」などの原因があります。使用していない電化製品を無駄に動かしていても電気料金がかかりますし、電化製品も古いモデルと最新のモデルでは古い方がより電気使用量自体が高くなりがちです。5〜10年スパンで見比べると電気の使用料金は変わります。家計を見直すためにも電気代が高くなる要因は知っておいて損はないでしょう。

電気代を節約する方法

「電気代を下げて家計の負担を楽にしたい」と誰もが思うはずです。ここでは簡単な電気代を節約する方法を解説します。

まずは、使用しない電化製品のスイッチをこまめに消すことです。使用していないのにずっとONの場合でも電気を常に消費しています。照明やエアコンなどが該当し、スイッチを消す、コンセントを抜くなど細かいと思う所から節約できます。ほかにも電化製品を新しいものに変えて消費電力を少なくする方法があります。

電化製品は冷蔵庫、エアコン、テレビ、洗濯機、照明などが家庭内で電力消費が大きいとされます。冷蔵庫であれば、2000年頃に発売された大型と呼ばれる400Lクラスの冷蔵庫で年間600〜680kWh程でしたが、最新のタイプですと年間200〜240kWh程と約三分の一程度まで下がっているのが分かります。使用していない電化製品はOFFにする、古いモデルの電化製品を見直すことで電気代は簡単に節約できるのです。

蓄電池を活用すれば電気代を節約できる

「照明のスイッチの切り替えや電化製品の見直しのほかに効率の良い節約はないの?」このような疑問も出てくると思います。昼間の電気料金と夜間の電気料金とでは夜間の方が安いのはご存じでしょうか?夜間の安い電気料金に着目したのが蓄電池です。蓄電池とは電気を充電して必要な時に使用できるものになります。

蓄電池なら電気料金の安い夜間に充電して昼間に使えるため、電気料金を安く抑えられて節約につながります。近年電気料金の値上げが止まらず家計を圧迫していますが、その対策で蓄電池を導入している家庭も増えている傾向にあります。また防災の観点からみても自然災害の脅威は年々勢いを増しており、災害が起こった場合の停電に対する備えがなければ心細いです。

災害時にも蓄電池は心強い存在であり、緊急時に役立ち、電気料金の節約にも最適なのが近年注目されている蓄電池です。家族が多い方では電気代はよりシビアに感じますよね。蓄電池の寿命は15〜20年とされており、ライフスタイルの変化にも対応できるため家族が多くても電気代を安く抑えられ、節約と災害時に大活躍です。日々の電気代が気になる方は検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は電気料金が高くなる理由や節約方法、蓄電池での節約方法について解説しました。ニュースでもご存知の方も多いと思いますが、年々電気料金は値上がりしています。何も対策しなければ各家庭の支出は多くなる一方です。しかし電力会社の切り替えやプランの見直しや電化製品の買い替えなど細かな部分の節約を意識するだけで家計が改善できます。また蓄電池の導入も今後の家計の電力を支える技術となります。知らないことを知ろうとするだけでお金の支出は減らせるようになります。

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者ランキング!

イメージ1
2
3
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧