FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

知っておきたい!蓄電池の大きさと重さはどのくらい?

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/06/14


蓄電池を購入しようと考えている人にとって気になるのは、蓄電池はどのくらいの大きさと重さなのかということなのではないでしょうか。蓄電池を導入するなら、大きさや重さを正確に把握して、自分の家庭に合ったものも設置したいですよね。そこで今回の記事では、知己電池の大きさや重さについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

大容量タイプ

蓄電池を購入するにあたって多くの人が考えることが、できるだけ電力を大容量で蓄電して欲しいということです。 蓄電池はそれぞれ大中小の容量が存在しており、それぞれどのくらい電力を蓄電できるのか大きく変わってきます。大容量タイプに関しては、他のどの蓄電池よりも大きさがあるため、置くためのスペースがかなり限られてしまいますが、そのぶんかなりの電力を蓄電することが可能です。例えば、代表的な大容量タイプの蓄電池は以下の通りです。

「A社の製品 16.4kWh」
・縦1010mm
・横490mm
・幅295mm
・重さ150kg

「B社の製品 12kWh」
・縦1250mm
・横1060mm
・幅300mm
・重さ150kg

この2つの蓄電池をそれぞれ比較してみると、 A社の製品に関しては他のものよりもかなりコンパクトサイズになっているにも関わらず、多くの電力を蓄電することが可能です。 コンパクトサイズかつ蓄電量が多いものを選びたい場合には、こちらの製品などを中心に検討してみると良いかもしれません。

一方でB社の製品の蓄電池に関しては、容量に関してはかなり大容量となっていますが、その一方で大きさもかなり必要になってきます。縦横それぞれ1000mmを超えてしまうと、置く場所にかなり制限がかかってしまうので、注意する必要があるでしょう。自分がどういった蓄電池を買うのか、しっかりと事前に決めておき、特に大容量の物を買う際には必ず大きさなどを計測して、どこのスペースに置くのか予めチェックしておきましょう。

中容量タイプ

次に中容量タイプの蓄電池についてです。このタイプの蓄電池については、ほとんど大容量の物と容量的には変わらないというレベルであるにも関わらず、その大きさもかなりコンパクトになっているというものが多く存在します。やはり蓄電池を置く場所というのはかなりスペースが必要になるので、できるだけコンパクトであった方が日頃の生活の利便を考えると良いでしょう。そこでまずは、代表的な中容量タイプの蓄電池について以下に紹介します。

「C社の製品 9.5kWh」
・縦685mm
・横560mm
・幅470mm
・重さ120kg

「D社の製品 9.8kWh」
・縦542mm
・横452mm
・幅228mm
・重さ78kg

まずC社の蓄電池システムについてです。この蓄電池は他のものと比較してもかなり小さくなっており、中容量にもかかわらず本体もコンパクトになっています。このくらいの大きさだと、場合によってはスペースを取らずに置くこともできるので、置く場所に頭を悩ませる必要はないでしょう。また水などが侵入しないように、底上げの工夫がされているため、安心して外にもことができます。

次にD社の蓄電池についてです。 D社の蓄電池に関して特筆すべき点は、やはり重さが3桁を下回るということでしょう。ここまで紹介してきた大容量と中容量の蓄電池に関しては、やはり容量があるだけあって重くなってしまいます。しかし、二桁であればかなり軽いということができ、持ち運びも難しくないので、スペースの問題もある程度頭を悩ませず考えることができるでしょう。また万が一の際の災害などで、蓄電池を持ち運ぶ必要が出てきた際にも、軽ければ簡単に持ち運んで利用することができるので便利です。

小容量タイプ

最後に小容量タイプについてです。小容量タイプの例を以下で紹介します。

「E社の製品 6.5kWh」
・縦656mm
・横452mm
・幅120mm
・重さ52kg

蓄電できる容量に関しては、大容量のものと比較するとおよそ半分になってしまいますが、重さが1/3となっておりかなり軽くなっています。また大きさ全体もコンパクトになっているので、持ち運びがしやすく置く場所にも困りません。災害時に緊急で持ち運ぶ音をした際にも、このくらいの重さであればすぐに運び込むこともできるので、緊急時の持ち運び用として検討してみても良いでしょう。

大容量タイプは容量がある文木なってしまう一方で、小容量タイプは持ち運びがしやすくコンパクトな作りになっています。それぞれ違った特徴があるので、大きさや重さを比較して、自分の家に置けるかどうかなど総合的に検討してみましょう。

 

今回は蓄電池の大きさと重さについて詳しく解説してきました。その容量によって大きさなども大きく変わってくるので、自分の用途がどういったものなのか今一度振り返り、自分に最適なものを選ぶようにしましょう。 一度購入してしまうと簡単には買い換えられないので、じっくり時間を掛けて決めることをおすすめします。

【大阪】蓄電池購入におすすめの設置業者ランキング!

イメージ1
2
3
会社名蓄電池専門店とくとくショップ
(株式会社 和上ホールディングス)
エコ発電本舗
(株式会社ゼロホーム)
エコ突撃隊
(株式会社ステイ)
特徴ありとあらゆるサービスが充実! 実績豊富なショップ全国区の技術力に定評のある業者お客さま満足度98%、経験豊富でおトクな業者
詳細リンク詳しく見てみる詳しく見てみる詳しく見てみる

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧