FIT(固定価格買取制度)の終了に向け蓄電池を購入しよう!おすすめの施工業者を細かく分析!

蓄電池の見積りを依頼しよう!チェックするポイントは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/23

蓄電池とは太陽光発電やコンセントによるシステムと連携しながら、電力を蓄えて行くことができる仕組みです。災害時に予備電力として蓄えたり、太陽光と連携していたり、電力の節約を目的に利用されることが多くなります。中でも大阪で蓄電池の見積もりをするときには、様々なポイントがあり知っておくとお得になるケースもあります。

見積もりを依頼する時のチェックポイントは

大阪で蓄電池の見積りをしてもらう時は、一括見積もりを利用することですぐに費用の比較をすることができます。

蓄電池には大きく分けると家庭用と法人用がありますが、基本的に違う部分は蓄電できる電力のサイズです。設計自体や仕組みは基本的には同じで、企業用は急に停電した時に、パソコンや電話や照明やサーバーなどの予備電力として力を発揮します。企業用は家庭用のものよりも大きいものが多く、大きな電力を長時間にわたって供給することが可能です。

コンセントに接続し充電を行う方法や、太陽光発電システムと連携しながら、系統連携するタイプが見られます。大阪で気軽に導入したい時はコンセント接続タイプが簡単に行え、太陽光発電システムを利用しなくても充電が可能です。コンセントさえあれば取り付けることができるので、基本的にはどのような大阪にある住宅でも使うことができます。

系統連系タイプは太陽光発電システムと連携することが前提で、家にある分電盤へ配線工事をすることになっています。ブレーカーに対して接続するので、それらをカバーしている範囲の家電に電力供給をすることができます。

系統連系タイプの場合は、夜間帯に電力が安い時間がありそこで蓄電しながら、昼間にはそれを利用することで電力が安くなります。また取り付けることで補助金が制定されていることから、それらを活用して導入することができます。対象としては法人や個人でリース受給対象になるので、幅広い恩恵を受けることができるのも特徴です。

地震などの災害時や停電したときにも、安心して電力供給をすることができるので、パソコンなどの重要なデータを失うこともなくなります。

蓄電池の容量を決めるときにチェックすること

見積りをすることになったら一括見積りを利用すると、選び方から設置方法などの相談や、設置に至るまで丁寧に対応してもらえます。容量や機種やメーカーにより、たくさんのラインナップがありますが、初めて利用する人などは購入を検討するときに悩むことが多いです。

家庭用でも一般的な容量がありますが、それぞれに合わせて容量を選べるところも大きなポイントになります。大型サイズを選択すれば充電する電力量も、それだけ増えるので安心できますが、そこでは設置費用が増えてしまう点がポイントです。容量を決めるときには台風や地震などの災害で、自宅が停電してしまったときに非常事態として、必要な電力量を算出するとわかりやすくなります。

夏のかなり暑い日にエアコンなどを含めた空調設備を使うと、利用する電力消費量は上がる可能性があります。それを毎日行うとさらに電力消費量が上がるため、家庭の事情によってそれぞれ考えていく必要があります。しかし最大限に余裕を持って容量を決めてしまうと、サイズが家庭の消費電力に対して大きすぎてコストがかかりすぎてしまいます。

実際には非常時となったときに、最低限の生活が送れる家電製品を考え、さらに使うであろう時間も決めた上で電力量を算出することが一般的です。一般家庭で使う家電製品の消費電力は、およそ決まっていますが、それぞれの家庭で必要な携帯電話の充電や懐中電灯の充電などが挙げられます。

毎日の電力消費量を含めてメーカーや容量を決める

蓄電池の容量が最低限で見積もりをしますが、それだけでは発電機能がないので限界点もあります。ここで太陽光発電が併設されていると、気象条件などが関わってきますが、数日使用可能日数が伸びます。

日常生活において経済メリットを最大化する観点があり、非常時だけではなく蓄電池の容量を選んでおくことが大切です。電気代が安くなる夜間に電力の備蓄を行なっておく必要があり、それを日中に消費するというサイクルになります。

メーカーにより蓄電池の容量が小さくても、少数のサイクルを回しながら半分の容量も倍以上の活躍をするケースもあります。シンプルに容量の数値だけを見るのではなく、サイクルの観点からも見て検討することが賢い見積り方法になります。

日本は災害大国とも呼ばれており、いつどこで災害に巻き込まれるかわからない状況があります。蓄電池の容量が十分ではないときに、自宅が停電してしまったときに必要な電力量を賄いきれることが条件です。備蓄している容量が足りない場合は最低限の生活をすることもできず、命に関わるケースもあります。

反対に蓄電池の容量が大きすぎれば、日常においてコストが上がり容量を持て余す可能性も十分にあります。非常時に陥ったときに慌てないように、冷静に日々の電力使用状況を含めて、あらかじめ想定しながら計画的に設置検討を行います。これによりコストを無駄にせず安心して、いざという時に備えることができます。

 

大阪で見積り依頼をするときには値段だけを判断基準にせず、そこにかかるコストやいざという時に役に立つかを想定することが大切です。それをふまえて一括見積りなどを利用し、選んでいく方法が大きなチェックポイントになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧